「アジアの端の島国に住んでいる日本人として、法王庁の中庭でひとこと物申したい」

静岡県が世界に誇るSPAC(静岡県舞台芸術センター)がいよいよ7月6日(現地時間)、フランス・アヴィニョン演劇祭で、オープニングアクトを務める。アジア圏の劇団が、アヴィニョンの法王庁中庭でオープニングアクトを飾るのは、71年に及ぶ演劇祭史上、初の快挙。静岡市内で渡仏前の最終リハーサルを行なっていた宮城聰芸術総監督に意気込みをうかがった。

文責/聞き手 小林稔和(取材日2017年6月21日)

− 2014年に『マハーバーラタ〜ナラ王の冒険〜』が同じアヴィニョン演劇祭のメイン会場のひとつ「ブルボン石切場」で上演され、大喝采を浴びたと報じられました。それが強く記憶に残っています。そもそもアヴィニョン演劇祭に、公式プログラム、しかもオープニングアクトとしてSPACが再び招聘された価値について、わかりやすく教えてくれませんか?

宮城 世界の演劇界におけるアヴィニョン演劇祭の位置付けは、わかりやすく例えると、「紅白歌合戦」みたいなものです。オープニングで上演するのは、紅白でトリを飾るようなもの。SPACがオープニングに選ばれたということは、異国趣味や物珍しさといった掛け値は一切なく、世界の劇団の5本の指に入った、ということです。そもそもアヴィニョン演劇祭に参加する演出家って、フランス人だけで半数近くを占めています。そこにアジア圏の人間が参加するだけでも珍しい。外国人演出家がフランスの劇団を演出することはもちろんありますよ。でも劇団として参加するのは、本当に並大抵のことじゃないんです。僕自身、30年ほど前、学生時代に演出家として食べていくことを決めたとき、「一度はピーター・ブルック(注:世界的なイギリス人演出家)が1985年に『マハーバーラタ』を上演したアヴィニョンの舞台に立ちたいものだ」と願っていました。だから、2014年に公式プログラムとして招待され、石切場でピーター・ブルックへのオマージュでもある『マハーバーラタ』を上演したとき、大きな目標は達成したんです。だから今回はボクシングでいうとチャンピオンベルトの防衛戦みたいな感じですね。話を受けた時は、うれしいというより、受け身の感情が強かった。

− どのような経緯で今回の招聘が実現したんでしょうか。

宮城 昨年6月、パリのケ・ブランリー美術館で新作『イナバとナバホの白兎』を上演しました。その際、アヴィニョン演劇祭の運営側が、『マハーバーラタ』だけだとフロックかもしれないということで、この最新作の上演をチェックしていたんです。『マハーバーラタ』は僕の代表作といえる作品で、何度も上演してきたから自信があった。でも向こうからしたら、オープニングを任せるには、保証がいる。それで新作のクオリティをチェックして、「ああ、これなら大丈夫だろう」と納得した上でオープニングアクトを任せてくれたんだと思います。

「アヴィニョン演劇祭でのオープニングアクトは、世界の演劇界において、「紅白歌合戦」のトリを飾るようなもの」と意気込みを語る宮城聰SPAC芸術総監督

 

1 2 3 4 5